青柳 修平(TRINITY SOLUTION)

青柳 修平

Shuhei Aoyagi

TRINITY SOLUTION

経歴2002 博士号取得
2006 黒岩菊郎記念研究奨励賞受賞: 森林計画学会
2007~2011 NPO法人 森林誌研究所非常勤研究員
2014 業務革新発表会特別賞受賞: NECプラットフォームズ
2018 「第3のSCM」出版(国会図書館納本済)
研修分野SCM
生産管理
調達・購買
研修実績研修内容小冊子
研修内容イメージ
費用見積もり対応
10万円以内
顧問契約10万円/月
対応可能エリア全国対応可能
海外
所有資格博士(農学)
PRキャッシュの最大化を、モノの多少にとらわれることなく考えると、単純に、販売を最大化させ、支払を最小化させればよい。このためには、失注・欠品しないほどモノを在庫し、返済金利の生じないように借入しなければよい。

モノは販売予測に合った調達を「前倒し」すればよく、キャッシュは利益とならない月につながる調達を「山崩し」して借入をしなければよい。このようにみると調達は販売より安定することとなる(販売予測を参照しているので決算等では容易にモノを最小化できる)。

こうした調達の安定を前提にすると、上限・下限のセット、管理会計の参照、そして在庫期間情報を採用した生産の安定化などを提案でき、既存の手法以上の利益を期待できる。
関連Webサイトhttps://trinitysolution.wixsite.com/01-jp
https://twitter.com/trinityjpn
言語日本語

関連講師

  1. 鹿野 英男(リンテック技術士事務所)

  2. 武田 哲男(株式会社武田マネジメントシステムス)

  3. 中井 知章(中井知章技術士事務所)

  4. 立花 信一(行政書士立花信一事務所)

  5. 斉木 和幸(超音波システム研究所)

  6. 野中 帝二(トリニティプログラム)

    野中 帝二(トリニティプログラム)