【将来の収益性予測】知財の持つ価値とは|知財経営の実践(その1)

今回は、知財を経営に活かす=「知財経営」の実践について解説します。

1. 知財経営の第1歩は、特許調査から

知財を経営に活かすための「知財経営」における特許調査の必要性について考えましょう。

発明のアイデアを思いついて、特許出願をしてみようかと考えたときに、先行技術がないかを調査しようと考えます。発明のアイデアがすでにある技術なら特許出願をしても権利化することができないので先行技術を調べるとする考え方です。

もちろん、その答は正解です。

しかし、それだけではありません。特許情報からは、いろいろなことがわかるのです。例えば、研究開発のテーマを決めるときには、特許調査をすることが必要です。研究開発を始めて、新製品の開発ができて、いよいよ製品を発売するという段階になって、開発した新製品と類似した特許出願がすでにあることを見つけました。こうなると、新製品の発売を中止するか、あるいは類似した特許出願の技術を避けるための技術検討が必要となります。

特許調査をしっかりとしないで、研究開発を始めると、研究開発費用や特許出願費用が無駄になってしまいます。特許情報を的確に調査しないと、企業にとって大きなリスクとなり、経営方針にまで影響を及ぼすことになります。

2. 知財経営:知財活用のための将来の収益性予測

自社の特許でポートフォリオを構築すれば、同業他社の参入を抑制することができます。同業他社の参入を自社の特許により防げるかどうか、将来の利益の予測のためにも特許調査が必要となります。特許調査により、技術動向および企業動向を把握することも重要です。

3. 知財経営:知財活用の実践

今まで述べてきたように、特許調査は、発明を権利化できるかどうかを判断するために行うだけでなく経営戦略にも関わるのです。知財を経営に活かす=「知財経営」の実践では、特許情報からわかることをどのように判断し、経営にどう活かしていくかを考えることが重要です。特許調査は、専門的な知識を必要とする場合が多く特許調査会社や特許事務所、特許調査の専門家に依頼することもよいでしょう。

The following two tabs change content below.
立花信一
材料技術だけでなく加工技術と製造技術の開発、市場調査、知財推進、商品企画などの幅広い分野へに取り組んできました。 新製品の企画から、開発、生産までの包括的なサポートをして業界初の新製品を事業化しました。また、上記の技術分野の特許明細書作成、中間処理、特許調査、文献調査、特許出願推進、特許侵害訴訟などに長く従事し、知的財産権を事業経営に活かすことも出来ました。 材料だけでなく加工技術と製造技術の開発、市場調査、商品企画などの幅広い分野に取り組んできました。

関連記事

  1. デルファイ法|キーワード辞典

  2. レコードマネジメント|キーワード辞典

  3. 福祉の視点からながめたSCM: 知的障害・精神障害等を考慮する豊かな社会に向けて

  4. MIC計画|キーワード辞典

  5. 石田コラム_機能安全とは何か?~機能安全コラム1~

    機能安全とは何か?~機能安全コラム1~

  6. 青柳コラム- 制約条件の理論(TOC)からSCM進化のポイントを考える

    制約条件の理論(TOC)からSCM進化のポイントを考える